環境に対する取り組み 循環型社会へ
事業内容

Reuse 果物残渣を再利用

果物が加工されてジュースになり、出荷されるまでには様々な過程を経ています。果物をジュースにするには、まず果物を潰す(クラッシュ)作業からスタートしますが、その作業の後には果物の芯、表皮、種などのカスが出ます。そのカスを残渣(ざんさ)といいます。
これまで、それら残渣の処分は遠方の農家と契約し、引き取ってもらっていました。しかし、処分にかかる運賃等のコスト、また運搬時に発生する二酸化炭素など環境面への負荷を考慮し、なおかつ残渣の再利用を目的に堆肥化事業を開始しました。

取り組み

循環型リサイクルの形成を目指して

豊野工場では、以前からジュースの絞りカス(残渣)を再利用しようといろいろ試みてきましたが、あまり有効な手段は見つかりませんでした。そして今回注目したのは【残渣の肥料化】です。
「りんごから作った肥料をりんごを作るために畑に返してあげることができたら…」という想いから始まった堆肥作りは、当初屋外で試行錯誤を繰り返しました。しかし、屋外でのたい肥製造は良質の堆肥を作るために必要な温度や水分コントロールが難しく、なかなか期待していた成果が得られませんでした。
そこで、豊野工場では平成16年に良質の堆肥を製造するため、また生産効率の向上を図るため、屋内堆肥製造センターを新設しました。
現在では豊野工場から出る残渣のうち50%を堆肥として再利用し、その肥料を近隣の農家に使用して頂いています。


将来に向けて

今後の課題として、「堆肥の生産能力の向上」があります。
将来的には、近隣の農家に常時一定量の堆肥を供給できる生産体制を構築し、現在以上に質の良い堆肥を生産することを考えております。
自社から出る残渣を全て処理することはもちろんですが、今、時代が求めている循環型社会に対応できるように、今後も努力を続けてまいります。
循環型リサイクル図